しつこいにきびを消す方法|簡単に治療できる時代

レディー

顔が荒れたら美容外科へ

頬を触る人

顔がにきびで荒れたら病院へ行くのが1つの手です。病院と言っても皮膚科だけでなく美容外科もあり、そこで整形手術を受けるという手段もあります。にきびで荒れた顔を整形手術で治すことにはエステや化粧品で得ることができないメリットを見出すことができます。にきびを整形手術で治すことが人気である理由はやはり施術の豊富さにあります。まずレーザーによる手術は最も主流と言える方法の1つであります。にきびにレーザーを当てることで毛穴に詰まった皮脂などを除去することができます。レーザー治療の中にも炭酸を利用したものや光を利用したものなど数多くの方法があり、自分の症状や治療方針に合った方法を選択することが賢明です。レーザーで治らないにきびに関しては皮膚移植を敢行することも悪くはありません。レーザー治療よりもダウンタイムが長く費用が高いものの、より顕著な整形効果をもたらすことができます。皮膚移植は人工皮膚移植と培養皮膚移植の2つが主なやり方として知られています。人工皮膚移植は人工皮膚を一時的に移植し、徐々にそれを患者自身から採取した皮膚に置き換える方法です。培養皮膚移植は患者自身の皮膚をごくわずかに採取し、それを体外で培養して患部に移植する方法であり、近年注目を浴びている方法です。整形手術によるにきび治療は大きく分けてレーザー治療と皮膚移植の2つとなりますが、実際にはさらにそこから施術の種類が細分化されています。きちんと施術の種類について知れば整形手術はにきび治療における絶大なツールとなりえます。

整形手術でにきびを治すことについて知るべきことと言えば、治療を受ける条件です。条件は大きく分けて、知識、時間、費用、この3つです。まず知識を多く持たなければなりません。前述の通り、にきびに対応した整形手術の種類は豊富です。特にレーザー手術に関しては無数と言えるほどの種類があり、こればかりは医師と相談を重ねなければ完璧に覚えることは困難です。皮膚移植に関しても他家移植のように一時しのぎにしかならないものもありますが、整形手術の種類についてよく知っておけばそうした意味のない施術を受けることにはなりません。次に時間というリソースを多く要することも知っておかなければなりません。レーザー治療を1回受けた場合はダウンタイムに3日間から1週間を要し、その間は外出を控えたり、外出するならば顔全体をマスクで覆ったりする必要があります。レーザー治療自体月1回のペースで1年から2年間に渡って受けて初めてにきびが完治するものであり、基本的ににきび治療には時間がかかります。皮膚移植の場合は約2週間から3週間のダウンタイムが必要です。最後に費用です。皮膚移植は1回35万円以上、レーザー治療ならば1回3万円から4万円程度かかります。レーザー治療に関しては複数回行って初めて完治に至るものであり、にきびの具合によっては皮膚移植の場合と変わらないほどの費用が掛かります。にきびを整形手術で治すことにはある程度の覚悟が必要ですが、だからこそ諦めずに最後まで治療を受けた時に綺麗な肌が戻ってくるのです。